• 日本語
  • English

Welcome to the Farm!


Oishimonオーガニックファームは、埼玉県東松山市で、様々な種類のサラダ用の野菜をメインに栽培しています。当農園では、化学肥料や農薬は使用せず、地元の有機堆肥のみを利用して栽培を行っています。

農園は私オランダ出身のシモン・ルヘーが切り盛りしています。私は農家になるのが幼いときからの夢で、そのためにオランダのthe Van Hall Larenstein大学にてフードバリューチェーンを専門に学びました。学生時代には、いくつかの日本の農家でインターンシップも行いました。

このインターンシップの経験を通じ、日本の農業の魅力だけでなく、直面する課題やチャンスにも気づかされました。私が考える日本の農業の課題は、

  • 次世代の農業の担い手の少なさ
  • 激しさを増す気候変動による悪影響
  • 野菜価格の高騰や下落
  • イノベーションや規模に合わせた経営方法の革新がほとんど行われないことです。

日本においては、オーガニック野菜というと高価なイメージがありますが、私はこうした敷居の高さを無くすことができればいいと思っています。安全な有機栽培野菜を誰もが適正な価格で手に取ることが出来るようにするのが私の農園の目標です。

この目標を達成するためには、農業におけるイノベーションと経営規模に合わせて生産方法をその都度改新していくことが必須だと考えています。オーガニック農法をスタンダードとすることで、私たちの生活を様々な局面で脅かしつつある気候変動にも、ささやかながら貢献できるのではないかと考えます。

Vision

安全・安心で新鮮なおいしいオーガニック野菜や果物を、誰でも購入できる手頃な価格で提供します。

Mission

Oishimonオーガニックファームは、高品質のオーガニック製品を、早く安全にお客様にお届けできるよう、持続可能な栽培方法を遵守し、バリューチェーンを創っていくことを目指しています。

Core Values

  • 健康な土を大切にします。健康な土は栄養豊富で健康な作物の基礎となります。
  • 人工・合成肥料や殺虫剤は一切使用しません。
  • 安全・安心な農作物を提供するために、パートナー企業とバリューチェーン開発に取り組みます。
  • 農作物は自社農場で種から育てます。

Why Higashi-Matsuyama

東松山市は、東京都内から1時間半のところに所在し、ビジネスの機会にも恵まれ、農業に適した素晴らしい場所です。市内でも毎年11月に開催される歩け歩け大会「スリーデーマーチ」など、様々なイベントも開催されており、市内外の人々に魅力を発信しています。また、オランダ東部にあるナイメーヘン市が東松山市の姉妹都市であるという事も忘れてはいけません。これらの理由で、東松山市で農業を始めることを決めました。

Logo

ロゴには2つの意味があります。1つ目は、創始者の名前であるシモンです。2つ目は“おいしいもの”という意味です。

ロゴの円は私たちが住んでいる惑星、地球を表しています。Oishimonオーガニックファームは、私たちの子供やその先の世代のために、環境保全型農業を通じて生態系を保護する責任があると考えています。